開業を行う場合は、まずは貸事務所を探すことから始まります

古いコンセントは危険

増えてゆく電気製品。

現在家庭用の省電力に優れた機器が多く見かけるようになりました。新築住宅ではオール電化を謳っている設備が増えています。住宅リフォームの際にもオール電化を提案した設計の住宅もあります。住宅への安定した電力供給が行われると使用される電気製品も増加することになります。多くの電気製品はコンセントから電力の供給を受けます。電気製品1台あたりの消費電力は製造メーカー各社の技術開発により低下しています。消費電力は低下しても電気を使用する器具は生活の多様化により種類は増えています。単機能に特化した物、複合化により利便性を追求した物など様々です。同じ機能の製品でも家族が各々所有することで家庭内での電気製品は増えていくことが予想されます。電気製品は使用することで劣化、修理交換の必要が生じてきます。またコンセントの同時使用の機会も増えコンセント口数が不足している家庭は交換を検討することにもなります。コンセントは未経験者が気軽に交換出来る物ではありません。専門の業者に交換増設依頼をしましょう。

コンセントの交換をする時は。

家庭内でのコンセント交換に関する問題とはどのようなことが考えられるでしょうか。長期間使い続けたために電気プラグの差し込み具合が甘くなり接触の不良が見られるなどの修理を要する症状が派生することがあります、放置すると発熱し発火のおそれもあります。電気製品の種類が増え同時に使いたい時などコンセントの口数が足りず使用の都度プラグを差し替え交換など、この場合故障ではないのですが日常的に不便を感じているのでコンセント交換を考えたいなど理由は様々です。内部の摩耗などの故障は即交換が必要ですが口数不足の場合延長コード、テーブルタップを増設使用し俗に言うたこ足配線でまかなっている家庭もあります。一見便利に見えるテーブルタップですが使用出来る電気量に制限がありそれを超える使用は発火の危険があり大変危険です。不足するコンセントの口数を補う目的でのテーブルタップ使用は根本的な解決にはなりません。信頼できる業者に使用状況を相談し適切なコンセント増設や移設、交換を依頼することが最適な選択です。

↑ PAGE TOP