開業を行う場合は、まずは貸事務所を探すことから始まります

利用し易い物件選び

自分に合ったものをみつける

貸事務所や貸店舗などが増えてきているが、それらを借りる場合には自分の予算や用途、面積や立地条件など様々な要素が重要になってきます。治安やセキュリティなども考慮する必要があります。 貸事務所の場合、代金としては10万円台からありますが、面積や設備は大きく変わってきます。設備があまりよくない場合、労働環境は最悪なものとなってしまいます。また、設備が良すぎると価格が跳ね上がる場合が多くなります。これらを考慮しながら身の丈に合った事務所を用意する必要があります。 また、その貸事務所を出ていく場合にも清掃などの規約がありますので、確認する必要があります。 事務所がなければ始まらないのですが、それで経営に負担をかけすぎることは避けたいものです。

貸事務所を借りてみてわかること

貸事務所を借りてみてわかることが、それは会社にとって財産という扱いにはならないということです。自社ビルなどをもっている場合、それは会社の財産として融資を受ける場合などに優遇される場合があります。しかし、貸事務所ではそういったことはまず無いと考えて良いでしょう。ただし、自社ビルを所有するにはそれなりに資金がいりますし、維持するにも資金は必要となります。 貸事務所は自社ビルに比べて容易に準備しやすいといメリットがあります。自社ビルでは億単位のお金が費用な場合がほとんどです。 最近は、貸事務所だけではなく、貸会議室なども多くあります。会議やセミナーを行う場合に重宝します。 これらのように、レンタルビジネスで有効活用されるようになってきているのです。

↑ PAGE TOP